食材のこと


 

"チーズのこと"

 

マホガニーではイタリア産のグラナパダーノを使用しています。有名なパルミジャーノ・レッジャーノそっくりですが、主張しすぎないやさしい味わいで、マホガニーの料理にとても良くなじんでくれます。チーズは削りたてほど風味が良いので、当日使う分をすりおろして使っています。


 

"ベーコンのこと" 

 

マホガニーでは”自家製生ベーコン”を使用しています。豚バラ肉を塩漬けした後、桜のチップで火を入れずに燻製したベーコンです。生ベーコンにすることでよりジューシーな味わいを出すことができます。特にカルボナーラはこれなしには絶対に美味しく作れないと言い切れるほど、マホガニーのパスタには欠かすことの出来ないアイテムのひとつです。


 

 "にんにくのこと"

 

マホガニーでは青森県産のにんにく”福地ホワイト六片”を使用しています。値段は中国産の5~10倍もするのですが、肉質がしまって上品な甘みをもつこのにんにくは、パスタソースを100倍以上にも美味しくしてくれます。とくに焦がしぎみに使う”アラビアータ”や”たまぺぺ”で威力を発揮。毎日たくさん使ってるのに店内が臭くならないのも、このにんにくのお陰なんです。